店舗・サービス案内

在宅

在宅医療と

出来る限り住み慣れた家庭や地域(施設)で療養する事が出来るよう整えられた医療体制のことです。

この在宅医療は、今後さらに進む高齢化社会に向けて必要不可欠な制度であります。厚生労働省では、政策として「在宅医療の推進」が行われております。平成24年度在宅医療連携拠点事業では、埼玉県で3カ所の施設が選ばれました。その内の1つは、蓮田市の「独立行政法人国立病院機構 東埼玉病院」です。

当薬局の取り組み

1、グループホーム
グループホームにて在宅医への往診同行、薬の調剤、施設スタッフへの説明を行っております。

2、患者さん宅への個別訪問
上記紹介の東埼玉病院の他、地域の医院とも連携し、患者さん個人の家へも訪問しています。
薬局の体制として、訪問の曜日や時間帯などに制限を設けず、医師や患者さんと相談し、スケジュールを決めています。
また、営業時間外の電話対応も行っています。終末期医療においては、急に薬が追加になる事が多くあります。その際も即時に対応が出来るよう準備をしています。
当薬局ではケアマネージャーの資格をもつ薬剤師が各店舗ともに配置されております。
まだ介護保険を利用されていない方、介護に困っていらっしゃるご家族の方等の相談にも応じます。
お気軽にお声掛け下さい。
2010年日本薬剤師会 老人保健健康増進等事業「地域薬局による在宅服薬支援(在宅医療・居宅療養)における薬物療法の向上及び効率化のための調査研究」モデル調査を実施しました。
日本薬剤師会ホームページに報告書が公開されています。